アダルト動画 DUGA -デュガ-

休憩でピストン100回⁉大槻ひびきがディルドオナニーで腰振りまくる!

やんひびが走るってよ AV女優はフルマラソン(42.195km)走り終わった後、何回騎乗位出来るのか検証!!


AV女優の「大槻ひびき」がフルマラソンに挑戦。

走ったあとに騎乗位が何回できるのかを検証!?

バカげた企画作品が登場だ。



出演者: 大槻ひびき
監督: ZAMPA
メーカー: ケイ・エム・プロデュース
レーベル: AV OPEN 2016
ジャンル: 顔射  体操着・ブルマ  騎乗位  ドキュメンタリー  ハイビジョン  AV OPEN 2016 ドラマ・ドキュメンタリー部門  単体作品


↑↑画像クリックで無料動画が見れます↑↑


10キロ地点で、少し休憩してディルドタイム。

この企画の肝となる走った後の騎乗位テストだ。

自己最高記録を更新したひびき姉さん。

普通に走っていてすっかり自分の立場を忘れてしまったようだ。

「わたしAV女優だった!」なんて言い出す始末。

監督からは、100回目に逝ってくださいなんて指令も。

ためしに挑戦してみるが…

やはりピストン回数指定は難しい様子。

AV女優としてのプロ根性で演技はしない!

カウントを戻しながらディルドに跨り騎乗位ピストンを始める。

90からがなかなか進まない。

そこはプロ根性でカウントを進めジャスト100で騎乗位アクメ成功。

ビクビクと痙攣するほどの本気イキを見せる。

その時に放つ監督の言葉が悲しすぎる…。

なぜそんな冷たい言葉が出るのだろうか…。

AV女優さんはいつも全力でわたしたちに愛を贈ってくれているのに。

その監督の言葉が聞きたいですか?

では教えましょう。

「いった?いった?いったね。」

全然心がこもっていない。

業務連絡のような感じ。実際そうなんだろうけど。

そしてそして、さらに追い打ちをかけるように

「ヒヘヘヘ、こんなエロくないディルドオナニー」

「はじめてみましたよ」

・・・

ひびき姉さんも思わず、「つら…」

体操服にブルマ姿で東京都内と疾走する大槻ひびきの

かつてないほどのエロからはほど遠いディルドオナニー作品。

だが感動がある!…かもしれない。

この後の続きが気になる方は↓からどうぞ。


3本以上購入予定がある場合は、月額入会が料金的にお得です。
2,800円の月額プランに入会するならこちらから

アクセスランキング